蒙古斑

あるある! おしりや腰に!

蒙古斑は色素細胞が皮膚の真皮という所の中に残ったため見られる青いあざで、出生時、日本人のほぼ100%に見られます。一つだけのこともあればたくさん見られることもあります。

形は様々で境界もはっきりしていません。一般的にはおしり、背中に見られます。 四肢や顔面、腹部にできるものは異所性蒙古斑といわれています。

通常は年令と共に自然に消えていきますが、お尻から遠いものほど消え難く、異所性蒙古班は成人になっても残ることが10%ぐらいあります。 悪いものではないので心配はいりません