外陰膣炎

小さな子のおりもの

小児の外陰部ならびに膣上皮はきわめて薄く、成人に比べ感染しやすく傷つきやすい状態です。 通常、お母さんが、子供さんのパンツについたおりものに気づいて連れて来られます

さらに、小児の膣およびその周辺は大人と違って女性ホルモンが出てませんので、ばい菌から守る作用も働かず、雑菌により炎症を起こしやすい状態にあります。

ほとんどは普段この部分の近くにいる雑菌が感染するものです。 通常、清潔にして外陰部用の消毒液で消毒するだけで治まってしまいます。もちろん、治りにくい場合はお薬(抗生剤など)使うこともあります