ロタウイルスワクチン

ロタウイルスワクチン

ロタウイルスは乳幼児から感染しやすい腸炎です。初感染では症状(嘔吐、下痢、発熱、腹痛)が長い期間続き、ケイレンや脱水を起こすことがあり、本人だけでなく、家族の負担(経済的、時間的)の大きいことから、生後6週間から始められています。(飲むワクチンです)」