赤ちゃんが泣く理由①

泣き声の区別

オーストラリアのPriscilla Dunstan(プリシラ・ダンスタン)が発見した

「赤ちゃんの5つの泣き声で欲している物を見分ける方法」

泣き方の違いは、赤ちゃんの舌や口の形の反射運動によるものとのことです。

Neh(ネェ) =おなかがすいた:”N”の音は、吸引(吸綴)反射から来る音。おっぱいを飲むときみたいに、赤ちゃんが口の先に舌をつけるとできる音

Heh(ヘェ) =不快な時:おむつが濡れている、汗などで気持ちが悪い、暑い・寒い・オムツが気持ち悪いとか不快な時

●Eairh(エァー) =胃腸内のガス(おなら)でお腹が張っている:唸り声に近い泣き声。同時に足を上げたりすることもある。

●Eh(エッ) =ゲップをしたい:空気をお腹から出そうとするときに出る音

Owh(オォ・アォ)=眠たい時 疲れた時:あくびするのと関係

いかがでしょうか? 泣くことは伝えるという手段ですね。